2017年 品質工学会 ASI賞

2017年4月21日
品質工学会 審査部会

授賞の背景

 品質工学会はAmerican Supplier Institute(ASI)と協力してASI賞を授与している。 ASI賞は,前年度の品質工学誌に掲載された「開発と研究」,「事例研究」の論文を主とするが,広く世界に品質工学を紹介するにふさわしいと思われる「実施報告」,「論説」,「解説」も対象としている。規定に則り,2016年の学会誌に掲載された対象報文についてASIにて審査を行われた後, 理事会で以下の論文と解説にASI賞を授与することが決定された。

受賞論文

題 目 シミュレーションを用いた機能性評価によるブレードクリ一二ングシステムの開発(Vol.24 No.3 事例研究)
受賞者 高橋義典*1,安藤 力*1
(*1 富士ゼロックス(株) 正会員)

題 目 金属材料評価方法の検討と検証(Vol.24 No.2 解説)
受賞者 衛藤洋仁
(いすゞ自動車(株) 正会員)

 

選定理由

 去年の二コンの受賞と同様に,主な理由はロバス ト技術の棚の構築をすることで企業の技術力向上に貢献することである。
 富士ゼロックス(株)の高橋,安藤の研究は, ノイズの選択には工夫が必要であるが,新たな理想機能の定義によりロバスト技術の棚に置くことができる事例となり,広く海外へ品質工学を普及する上で貢献できる。
 いすゞ自動車(株)の衛藤の解説は,スコープを大きくして技術を考える姿勢が評価できる。 

American Supplier Institute
President 田口 伸

お問合せ

論文賞に関するお問い合わせは,品質工学会事務局までお願いします
  品質工学会事務局 中山,金野(こんの) 

  ・ TEL (03) 6268-9355  ・FAX (03) 6268-9350